プラセンタ 冷え性 効果

プラセンタの冷え性への効果は嘘!?

本当にプラセンタって冷え性に効果があるの?

プラセンタ 白髪 薄毛 効果 

 

ホントにプラセンタが冷え性に効果があるのか気になりませんか?

 

というか、プラセンタ自体に冷え性への作用があるのも驚きですけどね笑美容系の話は美白・薄毛・シワと話してきましたが、健康系の話は今回が初めてです。

 

本当にひどい冷え性だと年中つらいですよね。夏はエアコンが効きすぎているし、冬は普通に寒すぎます。。手や足が氷みたいになってしまって辛いです。。

 

そんな冷え性がプラセンタで改善された良いと思いませんか?大丈夫です!日本胎盤臨床医学会がプラセンタには『冷え性を改善する効果』があること発表しています。

 

いつも通り、その説明をしてる動画を見つけたので張り付けておきます。参考にしてみてください。

 

プラセンタの冷え性へメカニズムは?

 

 

冷え性の原因は?

 

冷え性は難しい症状で色んな要因が重なって起きます。その代表的なものに「自律神経バランスの乱れ」「ホルモンバランスの乱れ」「血液のポンプ力の低下」「貧血」などがあります。

 

この中で重要なのが自律神経とホルモンバランスの二つです。

 

自律神経は大きな分類のことを指していて、交感神経と副交感神経の二つに分類されます。この自律神経は自分の意思とは関係なく働くものです。例えば寒かったら震えますよね?これは自律神経の働きです。歩くといった自分の意思によって動いているのは運動神経の働きです。

 

で、この二つの神経は体のあらゆる状態を自動的に調節してくれています。もちろん、その調節の中には体温も含まれています。暑いと感じれば汗をかいて熱を外に放出し、寒いと感じれば筋肉を増えるわせて熱を発生させます。

 

正常に働いてくれているうちは体温を一定に保ってくれるのですが、一度乱れてしまうと体温調節がうまくいかなくなり、結果として冷え性を発症してしまうのです。

 

 

強すぎるエアコンや、めちゃくちゃな食生活や不摂生などが原因で自律神経の乱れを引き起こします。ただ女性の場合、女性ホルモンバランスの乱れが自律神経の乱れに大きくかかわっています。

 

月経周期に合わせて、エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンの量が変化します。この二つのホルモンのバランスをつかさどっているのが脳の視床下部なんですが、視床下部はホルモンバランスと同時に自律神経のバランスもとっています。

 

そのため、女性ホルモンのバランスが乱れると、それと同時に自律神経も乱れてしまい冷え性の要因になってしまいます。

 

 

プラセンタは複合的な作用で冷え性を改善する

 

プラセンタは冷え性に対して何をしてくれるかというと複数の作用を同時に発揮して冷え性を改善してくれます。

 

その作用とは「内分泌調節作用(ホルモン分泌調節作用)」「自律神経調節作用」「免疫調節作用」「血行促進作用」「造血作用」「基礎代謝向上作用」などなどです。

 

冷え性を改善するには漢方に頼るのが一番です。というのも西洋医学では、まだ冷え性を治すことはできないからです。

 

で、プラセンタの歴史で話したとおりプラセンタは現代でも漢方として利用されています。ここで説明しているようにいくつかの効果を多面的に発揮することで一つの症状を改善するのはまさに漢方薬と同様です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ